「iPS細胞」の研究を潰された山中伸弥教授


「STAP細胞」の特許を外国で取られてしまいました。

「iPS細胞」の価値は?

小保方さんは、潰されたのです。

グローバリストによって!


日本政府は守らなかった。

金儲けのためにメインストリーム・メディアを使い先端医療を見事に潰しました。

理化学研究所の「笹井芳樹氏」を自殺と報道し、裏で殺しましたね。

癌には治ってもらっては困るのです。

「抗がん剤」が売れなくなってしましますから。

「放射線治療」もできなくなってしまします。

「医者」が儲からない。

「がん保険」の加入者もいなくなってしまいます。

【医産複合体】

「水道水」にカリキを入れ殺菌することで、胃腸内にある「善玉菌」を死滅させてしまいます。

そしてまた「抗生物質」と同じように人間が本来持っている抵抗力・免疫力を下げ病気になりやすい身体にしてしまいます。

「フッ素」も入れ脳神経を死滅させIQを低くし、「松果体」を石灰化し、物事を考えられ無い人間を量産しています。

(ナチス・ドイツがユダヤ人収容所で水に混ぜ抵抗・反乱させないために廃人化させた薬物です)

 

スーパーなどで売っている「添加物」「保存料」「合成着色料」「合成甘味料」により、人間の身体が壊れていきます。

 

野菜などには「ラウンドアップ(モンサント社)」などの「除草剤」を使用し、それらを食べている僕たちの体内には「グリホーサ」が入り込み生殖機能を壊し、健康な子どもを産めない身体にしています。

(最近、ダウン症・自閉症の子どもがたくさん産まれてくる現状にあります。)

「グリホサート」「ベトナム戦争」のとき、枯れ葉剤として使用した物です。

それを浴びた女性は次々に「奇形児」を産むことになってしまいました。

「ベトちゃん・ドクちゃん」が有名ですね。

 

僕らが「飛行機雲」と認識しているものは「ケムトレイル」

人間の健康に悪い成分・ウィルスを堂々と撒いています。

冷静に考えて下さい。

普通の飛行機からは煙はでません。

「飛行機雲」というのは、飛行機からワザと出しているものなのですよ。

 

病気になれば、【医療機関】・【製薬会社】が儲かります。

 

現代人はどうして「アレルギー」が多いのでしょうね!

 

 

再生医療の分野では、「STAP細胞」があれば「iPS細胞」をカバーできてしまいます。

そして「iPS細胞」は癌に発症するリスクが高いのです。

 

「再生医療」の分野が発展すると、【医療機関】・【製薬会社】が儲からなくなるのです。

 

山中伸弥教授には、10年間で1000億円の研究費が継続的に支給される予定でしたが、和泉安倍首相補佐官と官僚の大坪寛子氏に補助金の破棄をめぐって恫喝されたようです。

 

以下、山中伸弥教授のコメント「動画」になります。

 

Related Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。