KISs THe HEARt Let It Be ケインズから言わせれば、生活保護の受給は義務である

ケインズから言わせれば、生活保護の受給は義務である


経済不況時にとる政策の一つとして「有効需要の創出」というものがあります。
国が「財政出動」をし、市場にお金(マネー)を流すのです。

 

お金(マネー)を持っている人が「消費」することによって経済が回り多くの人が助かるという考え方です。
20世紀最大の経済学者「ケインズ」が提唱しました。

 

この考えをもとに行った公共事業を「ニューディール政策」と言います。

 

現在コロナ禍で行うべきは、セーフティーネットの拡充です。

経済学の大きな観点から見ると、生活に困窮した人々に「生活保護」を推奨したり、「所得補償」を積極的に行うことは国の経済を立て直すのに重要なことだからです。

 

ケインズに言わせれば、経済を立て直すために「生活保護」を受給することは社会の構成員としての【義務】でもあると言うことです。

 

Related Post

ポリシー無き運営、真岡市にある『道の駅にのみや』ポリシー無き運営、真岡市にある『道の駅にのみや』

なぜ真岡市の「道の駅」で、佐野ラーメンを大々的に販売しているのだろう〜 首都圏への一極集中が危惧され、地元をアピールするために「道の駅」と言うものが存在しているのに… 佐野市の名物を真岡市がピーアールする意味がわからない […]

経営者の自己中心的思考は、自分の存続さえ否定することになる。因果応報。経営者の自己中心的思考は、自分の存続さえ否定することになる。因果応報。

経営者の中には「労働者」に支払う賃金負担を嫌う人がいます。 おかしな話ですね。 「労働者」が働いてくれているおかげで経営者が存在できるのに…。     経営者一人で利益を上げることができないため「労働 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。