マハトマ・ガンジーと不買運動。そして不服従。


独立の父 【マハトマ・ガンジー】 外国資本の製品を買うと国内産業が衰退し、インドが西洋から独立できないため、【不買運動】を行いました。

インドの人たちが労働によって生み出した富が、外国に流れインドが豊かになれないためです。

【不服従】  矜持を持ってグローバリストと戦ったのです。

 

今の日本はどうですか?

グローバリストに【服従】していますよ!

食料でさえグローバリストに門戸開放し、【食の安全】さえないがしろにしてしまった。

日本人のみなさん、立ち上がるときですよ!

 

.jpg

Related Post

なぜ法輪功は迫害されたのか?共産党についての九つの論評なぜ法輪功は迫害されたのか?共産党についての九つの論評

【第五評】法輪功への迫害における江沢民と中国共産党の相互利用  転載記事 法輪功への迫害における江沢民と中国共産党の相互利用 (一) 法輪功は“真・善・忍”を信じ、共産党は“偽、悪、争”を信じる 法輪功は“真”を唱道する […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。