経営者の自己中心的思考は、自分の存続さえ否定することになる。因果応報。


経営者の中には「労働者」に支払う賃金負担を嫌う人がいます。

おかしな話ですね。

「労働者」が働いてくれているおかげで経営者が存在できるのに…。

 

 

経営者一人で利益を上げることができないため「労働者」を雇っているのですから、適正な賃金を払わなければいけません。

社会とはお互いを尊重して成り立っているからです。

当然ですね。

 

 

現代社会は「労働者」の賃金を極力抑え、経営者の利益につなげようとばかりしています。

自己中心的で独善的な考え方です。

:「自分だけが良ければいいや!」

という考え方ですね。

 

 

この様な思考で企業経営をしていますと、「労働者」が辞めてしまいます。

会社は存続できないですね。

 

因果応報!

周囲の人々を尊重できない人は、結局自分の居場所もなくなります。

Related Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。