醸しDINING助さん~旬鮮魚と純米酒~


4月6日(月)に栃木県芳賀町にある「醸しDINING助さん」に行って来ました。

日本酒のメニュー・クラフトビールのメニュー・料理のメニューにまず目を通したのですが、作り方がとても丁寧でした。

日本酒などは生産地、解説と詳しく記述されており、店主の「こだわり」や丁寧な職人気質が垣間見え信用に値するものでした。

 

街に居酒屋さんはたくさんありますからね。

どこに行ったらいいか分からなくなるときがあります。

だからこそ店主の「こだわり」が大切になって来ます。

 

せっかく飲むなら美味しいお酒。

せっかく食べるなら美味しい料理。

値段が一緒なら美味しい居酒屋さんの「のれん」をくぐりたいものです。

 

 

店主の「こだわり」や「料理」に対する考え方が大切になって来ます。

お店を選ぶポイントはここに集約されるのではないでしょうか。

 

数ある「クラフトビール」の中から何となく選んだものを「ぐい」っと。

:「美味しい」

 

そして出された「お通し」が

:「うますぎる」

「しらす」に生姜と醤油で味付けしたシンプルなものですが

:「うまい」

今まで食べていた「しらす」は何だったんだと思いました。

しょっぱすぎないのです。

程よい塩加減なのです。

「しらす」自体も一匹一匹が大きい。

味が濃く、マイルドでした。

今までスーパーの「しらす」しか食べていなかったものですから、感動してしまいました。

薬味の生姜が合いましたね。

薬味のある食文化。

日本の文化に感謝です。

 

.jpg

 

次に「ほたるイカ」と「しいたけ」を注文しました。

メニューを見た瞬間「ほたるイカ」に釘付けでした。

あまり食べたことが無かったからです。

僕が行ったことのある居酒屋さんでは見たことは無かったですね。

栃木県は内陸ですから、扱っているお店が少ないのかもしれません。

イカなのに身が柔らかく、肝が濃厚で美味しかったです。

変な「えぐみ」がなかったのも新鮮さと、料理の仕方に関係があるのかもしれません。

 

偶然の出会いに感謝です。

 

「しいたけ」は身が厚かったです。

味がしっかりしていて焼き加減の良さが、ほのかな「こげ」の苦味とあいまって大人の逸品です。

店主に聞いたら、醤油は市貝町の方が作っている地元産だそうです。

どうりで素材の良さが引き立つわけです。

 

 

日本酒は小山のものを頂きました。

【鳳凰美田】

フルーティーな味わいで僕の好みにビンゴです。

僕は辛口(ドライ)より甘口の日本酒が好みなのです。

結構、女子力が高い人間なのです。

 

とにかく日本酒の品揃えに驚きました。

栃木県で作っている日本酒はもちろんですが、他県の日本酒も数多く取り揃えてありました。

 

これが「こだわり」ですね。

 

その日の気分で飲むお酒の種類を変えるのも粋ですよね。

そのためにはたくさんの種類がなくてはいけません。

「醸しDINING助さん」にはありました。

 

そしてお酒に合う、料理を店主に作ってもらうと。

 

お金を払う価値がありますよね。

こうゆう楽しみ方にお金って払うものですよね。

お金の使い方を学びました。

 

本物の食材を駆使して、安全で美味しい料理を提供する居酒屋さん。

農薬・添加物まみれの食事とはおさらばです。

 

美味しいものを食べて、健康になる。

 

医食同源。

東洋思想。

 

日本の文化ですね。

 

ありのままの食文化。

 

当たり前のようで、難しい時代です。

こういったことに気を使って、本物の料理を提供する「こだわり」のある居酒屋さん。

 

「のれん」をくぐる価値がありますよ。

 

 

 

「醸しDINING助さん」 ~旬鮮魚と純米酒~

〒321-3304  栃木県芳賀郡芳賀町大字祖母井772ー1
TEL:028-612-4591

 

 

 

 

Related Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。