広告

方向性と覚悟


今日は東京にある写真事務所の代表の方にお会いして来ました。
僕の作品を見て頂き感想をもらいました。

やはり広告写真をやるより、報道・ドキュメンタリー・ジャーナリズムといった分野で突き進んでいった方がいいとアドバイスをもらいました。

変に幅を広げようとすると回り道になるので、自分が表現したい分野で勝負していった方が、精神的にも効率的にもいいと言われました。
あやふやだった方向性に道が開かれた思いです。

その分、覚悟をしなければいけませんが、霧が晴れた感じですがすがしい気分です。
久しぶりに新宿の紀伊國屋書店に行きました。

t02200165_0640048013229620235

何故か知りませんが、本屋さんに来るとインテリになった気分でついつい経済誌を手にとって読んでいる振りをしてしまいます…。

紀伊國屋書店の向かいにビックロができていたので一枚。

t02200293_0800106713229621359

そして僕が写真家としてのスタートを切ることになった「歌舞伎町」に行きました。
お店なんかがいろいろ変わっていましたが一番の驚きが、コマ劇場の跡地にできた巨大なビルです。

t02200293_0800106713229622602

今日は雨が降っていたことと薄着で来てしまい寒かったので早めに退散です。

新たなきっかけで情熱が再燃したので、しばらくは一心不乱に爆進します!!



広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

経営者(社長)1人では生産性が乏しいから「労働者」を雇っている経営者(社長)1人では生産性が乏しいから「労働者」を雇っている

労働者が一生懸命働いているから、会社は存続できる。 経営者(社長)1人では生産性が乏しいから労働者を雇っている。 経営者(社長)1人では「車」は作れない。 研究開発・組立と自動車メーカーに関わって仕事をしている労働者は何 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。