子どもと貧困(シンポジウム)

現在日本の「子どもの貧困率」は約16%です。
これは子どもの6人に1が貧困状態におかれていることを意味します。

子どもの6人に1人が修学旅行に行けません。
子どもの6人に1人が給食費を払えません。

これは親世代、つまり社会全体の貧困化を意味します。

日本のGDPは世界第3位。
これは一般的に世界で3番目に豊かだということを意味します。

「豊かさ」とはなんでしょうか?

・平成28年1月23日(土)
・13:30~16:30(受付時間 13:00)
・場所:栃木県弁護士会館4F
(宇都宮市明保野町1-6)

※私、坂本貴司がチラシのデザインを担当しました。

t02200311_0595084213531506405



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

国家資本主義国家資本主義

共産主義をかかげる「中国」において【貧富の格差】が拡大し、プロレタリアートと資本家の【階級闘争】が存在する。 おかしな現象だが、人間の【欲】はイデオロギーを超えるのだなと。 【社会】というものの難しさを改めて考えさせられ […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。