広告

写真家としての先輩、そして空手の師匠

久しぶりに空手の芸術美たる写真に心をふるわされたような気がします。

セピア色でソフトフォーカスのかかった「霧もやの中の神秘性」。

「神々しさ」さえ感じさせる写真です。

撮影した方の感性の高さに感服いたします。

手前が「増田章先生」、奥が「秋吉先輩」。

僕もこのようなテイストを参考にして、「空手」を撮影してみたいと思います。



広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。