坂本貴司ExpResS 未分類 10人いれば10通りの・・・。

10人いれば10通りの・・・。

「常識」を懐疑したい。

そもそも「常識」とは何だろう。

国、時代が違えば変わってくる。

しかし我々は不可侵の概念のごとくこれをあがめ、自分自身の説明のできないことを「絶対」であるかのように使い他者を攻撃する。

まるで武器のように。

果たしてこの「常識」にどれだけの意味があるのだろうか。

「正義」でさえ、10人いれば10通りの「正義」がある。

「常識」もそう。

普遍的真理と勘違いしていたら、改めて熟慮して欲しい。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

ケガの不思議な豆知識② いざわ接骨院 上三川町 栃木県ケガの不思議な豆知識② いざわ接骨院 上三川町 栃木県

「炎症」とは? 普段僕らが認識している意味で「炎症」という言葉を理解しようとすると、なにやら良くないことのように感じちゃいますよね。 それは多分、ケガをした後に「炎症」症状がおきるからだと思います。 今回僕は自転車に乗っ […]

国家資本主義国家資本主義

共産主義をかかげる「中国」において【貧富の格差】が拡大し、プロレタリアートと資本家の【階級闘争】が存在する。 おかしな現象だが、人間の【欲】はイデオロギーを超えるのだなと。 【社会】というものの難しさを改めて考えさせられ […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。