実存

ただ生きる。

それもいいかもしれません。

しかしそれでは満足できない「自分」がいます。

何のために産まれて来たのか。

なぜ自分の「生」はこの世に授かったのか。

この問に僕は僕なりの答えを持っています。

それは【良い社会】を創るためです。

それを成(な)すために、「自分」の【命】を使おうと思っています。

理由は、これが【人類の永遠の課題】だからです。

人間に産まれてこなかったらこんなこと考えません。

宇宙がどうしてできたのかも知りません。

なぜ生命というものがこの世界の存在するのかも知りません。

わからないことばかりですが、確かに【僕】はこの世に【存在】しています。

【存在】しているからには、自分の【命】を無駄なことには使いたくありません。

有意義なことに使いたいと思います。

有意義なこととは、【生】を実感できる行動です。

「魂が熱く燃えるような感覚」です。

僕にとっての充実は、【良い社会の創造】にあります。

こんなことをしなくても人間は生きられます。

ただ生きる。

それもいいかもしれません。

しかし僕にはこの【普通】のことができないのです。

「魂が熱く燃えるような感覚」がなければ、【生】を実感できないのです。

賢い生き方ではありませんが、たかだか僕一人の80年の人生です。

僕一人の人生で【人類の永遠の課題】と対峙できるのなら本望です。

それが僕の【実存】です。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。