敦敦(とんとん)-居酒屋② 真岡市 栃木県

この前のブログでは触れていないエピソードを書きたいと思います。

2017年の2月に【とある真岡市にある新聞社】に就職いたしました。(既に優秀過ぎて解雇されていますが・・・)

その時、「取材」や「広告営業」などでお世話になる岡本俊夫さん(芳賀郡市サッカー協会会長・商工会議所副会頭)、菅谷昌広教頭先生(中村中学校・栃木県サッカー協会理事)、川上栄二監督(真岡高校サッカー部)、などをお呼びしてご挨拶の方を「敦敦」(とんとん(栃木県真岡市並木町2-7-1 TEL: 0285-82-9982))でさせて頂きました。

岡本俊夫さんの息子のみつる君とは同級生・けいちゃんはサッカー部の一つ上の先輩、菅谷昌広教頭先生とは遠縁、川上栄二監督は真岡高校サッカー部の先輩。
そんな感じでご足労頂きました。

そこでなんとっ、岡本俊夫さんが「シーバス(ウィスキー)」を持って来てくれたのです。

岡本俊夫さん:「みんなで飲もうよ~」

【お酒の持ち込みはご遠慮くださ~い♪】
僕からは汗が吹き出し、大将の金沢さんとは目を合わせられませんでした。

ホールに出ている奥さんに小さな声で「あ、あの~、水割りセットく、ください」と頼みました。

息子のけいちゃんが金沢さんと同級生じゃなかったら、僕は確実に包丁で「三枚おろし」にされているところでした(汗)

「極真空手 真岡道場」の2016年の忘年会を「敦敦(とんとん)」で行いました。

栃木県の極真空手史上、最高の成績をおさめた幸龍敬(みゆき たつよし)君も参加してくれました。

(松井派―第二回世界ウェイト制大会日本代表・全アジア選手権優勝(無差別級)・全ロシア大会優勝(中量級)・全中東大会優勝(中量級)・全アメリカ大会準優勝(無差別級・全日本選手権大会ベスト8))

「極真空手 真岡道場」の責任者である古口先生が、白帯の時から空手の【基本】を教えました。

僕とは中学校・高校の同級生だったので、忘年会に呼んだのです。

普通の人は幸龍敬(みゆき たつよし)君のことを知らないどころか凄さも理解できません。

しかし「極真空手」をやっている人には、有名人です。

幸龍敬(みゆき たつよし)君の話を道場の皆さんは楽しく聞いていらっしゃいました。

しかし幸龍敬(みゆき たつよし)君はお酒が飲めずコーラだけなのに、周りの反応の良さに酔っぱらってしまいマシンガントークがお店中に響き渡ってしまいました。

幸龍敬(みゆき たつよし)君が、金沢さんの小学校・高校の後輩でなかったら、僕は確実に包丁で「三枚おろし」にされているところでした(汗)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

幻想(短編小説)幻想(短編小説)

「相沢さん、どうだい。もう日本はいいんじゃないのかい」 平田先生は静かにはそう言った。 私にはどういう意味かわからなかった。 「必ずしも日本で生きていかなければならない理由なんてないよね。どこで生きようと自由だと思うんだ […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。