アメリカ・ファースト

トランプ大統領が「アメリカ第一主義」を唱え、各国から批判を浴びています。

メディアも面白おかしく報道していますね。

これをトランプ大統領のせいにしても仕方がない。

アメリカの大統領なのだから自国の利益を優先に考えるのは、ごくごく当然のこと。

そしてなぜここまでトランプ大統領が「アメリカ第一主義」をまい進しなければいけないのか。

その背景には、アメリカ社会の【瓦解】が目に見えてひどいからです。

社会が正常に機能していない。

資本主義という「イデオロギー」の盟主として、「金(カネ)」を儲けるためなら手段を選ばない。

法律でさえ「金(カネ)」で変えて来た。

その結果が【疲弊した社会】である。

【格差】【貧困】が突出してひどい。

経済学者「ミルトン・フリードマン」の提唱した【新自由主義】。

これは【弱者切り捨て】。

強いものがより強くなる。

強者の【エゴ】と【わがまま】が正義。

「金(カネ)」優先主義。

労働者からの【搾取】の上に成り立つ。

【資本主義】と【新自由主義】がミックスし、社会を荒廃とさせてしまった。

アメリカの【GDP】は世界第一位。

しかし【相対的貧困率】はOECD加盟国中第3位。

【格差】は世界第一位。

堤未果さんの著書「貧困大国アメリカ1・2」を読むとアメリカ社会の酷さが良く理解できます。

このようなアメリカ社会の情勢を理解すれば、大統領である「ドナルド・トランプ氏」が、なぜ【アメリカ第一主義】を唱えるか読み解けると思いますよ。

そしてこれはアメリカ社会だけではなく【日本社会】も似たようなものだということを理解して下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。