人格を磨くための修練の道

「I Have a Dream」の演説で有名なマーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)は「公民権運動」に大きな影響をあたえました。

キング牧師は言います。

『人間は肌の色ではなく、【人格】で判断されるべきである』と。

1862年にリンカーンが【奴隷解放宣言】をした100年後にキング牧師は「リンカーン記念館の階段上」で、【夢】を語ったのです。

まったくその通りだなと。

武道の目的の1つとして【人格を磨くための修練】というものがあると思います。

しかし【人格】高め、人々からの【尊敬】を集めるということは大変難しい【道】です。

そのため【凡人】は【権威主義】に向かってしまいます。

いわゆる【肩書き】というものの獲得に向かい、【権力】によって人を従わせようとするのです。

「政治家」しかり、「○○会長」。

会社などでは、役職による【権威付け】が行われています。

凡人は【人格】ではなく【権力】によって人を服従させようとします。

しかし人々は【人格】無き【権力者】を、【尊敬】できるでしょうか。

多くの人ができないと思います。

アメリカでは今でさえ「アングロサクソン」系の白人というだけで優遇され、黒人は【差別】の対象となるのです。

昔アメリカで「ベスト・キット」という映画が大ヒットしました。

「ミヤギ」という日本人の老人と白人の子どもの交流を描いた映画です。

空手を通して、主人公の成長を促す物語です。

アメリカ人は、「ミヤギ」という日本人の老人に【尊敬】を抱き、空手の強さに熱狂したのです。

武道を通した「ミヤギ」の【人格】にアメリカ人は【魅了】されたのです。

武道人としての【人格】。

そこには【権威主義】・【権力主義】との乖離(かいり)が存在します。

武道人の【尊敬】は【人格】によって得られるのです。

【帯の色】や【強さ(腕力)】ではありません。

【服従】と【強要】は「人権侵害」であり、「恥ずべき行為」です。

武道人は【人格を磨くための修練】によって得られる【人徳】によって、【尊敬】を獲得します。
たやすいことではありません。

だからこそ【道】なのです。

人生を歩む【道】の中での自己研鑽が【武道】なのです。

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)も、【自己の研鑽】を積む【道】を歩んだ人だったのです。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

弱者の盾弱者の盾

僕の好きなミュージシャンはある歌の中で【タブーだらけの自由の中で葬(ほうむ)られてゆく、孤立した叫び声】と歌っています。 この曲は1990年代前半に作られたもので、時はバブル真っ盛り。空前の好景気に沸き、誰もが日本社会は […]

「参議院選挙2019」の結果を受けて、無性に「浜田省吾」さんの曲が聴きたくなった!「参議院選挙2019」の結果を受けて、無性に「浜田省吾」さんの曲が聴きたくなった!

時にワケもなく叫びたくなる怒りに。 J.boy掲げてた理想も今は遠く。 J.boy守るべき誇りも見失い。 果てしなく続くサバイバルレース、走り疲れ。 家庭も仕事も投げ出して逝った「あいつ」。 J.boy頼りなく豊かなこの […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。