人格を磨くための修練の道

「I Have a Dream」の演説で有名なマーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)は「公民権運動」に大きな影響をあたえました。

キング牧師は言います。

『人間は肌の色ではなく、【人格】で判断されるべきである』と。

1862年にリンカーンが【奴隷解放宣言】をした100年後にキング牧師は「リンカーン記念館の階段上」で、【夢】を語ったのです。

まったくその通りだなと。

武道の目的の1つとして【人格を磨くための修練】というものがあると思います。

しかし【人格】高め、人々からの【尊敬】を集めるということは大変難しい【道】です。

そのため【凡人】は【権威主義】に向かってしまいます。

いわゆる【肩書き】というものの獲得に向かい、【権力】によって人を従わせようとするのです。

「政治家」しかり、「○○会長」。

会社などでは、役職による【権威付け】が行われています。

凡人は【人格】ではなく【権力】によって人を服従させようとします。

しかし人々は【人格】無き【権力者】を、【尊敬】できるでしょうか。

多くの人ができないと思います。

アメリカでは今でさえ「アングロサクソン」系の白人というだけで優遇され、黒人は【差別】の対象となるのです。

昔アメリカで「ベスト・キット」という映画が大ヒットしました。

「ミヤギ」という日本人の老人と白人の子どもの交流を描いた映画です。

空手を通して、主人公の成長を促す物語です。

アメリカ人は、「ミヤギ」という日本人の老人に【尊敬】を抱き、空手の強さに熱狂したのです。

武道を通した「ミヤギ」の【人格】にアメリカ人は【魅了】されたのです。

武道人としての【人格】。

そこには【権威主義】・【権力主義】との乖離(かいり)が存在します。

武道人の【尊敬】は【人格】によって得られるのです。

【帯の色】や【強さ(腕力)】ではありません。

【服従】と【強要】は「人権侵害」であり、「恥ずべき行為」です。

武道人は【人格を磨くための修練】によって得られる【人徳】によって、【尊敬】を獲得します。
たやすいことではありません。

だからこそ【道】なのです。

人生を歩む【道】の中での自己研鑽が【武道】なのです。

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)も、【自己の研鑽】を積む【道】を歩んだ人だったのです。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

マイナス金利マイナス金利

ようは「金融緩和」でお金を刷っても市場に出回らない大きな理由に、市中銀行がお金を日銀に預けて利息を得ているから。 そのためお金を預けていると逆に「カネ」をもらうぞと、日銀が「マイナスの金利」を導入し、市中銀行に積極的な融 […]

ラジオLIFEラジオLIFE

そう言えば、最近テレビを観ていません。 午前中はInterFMを聴いています。 「Tokyo Brilliantrips」・「Happy Hour!」 ラジオだと聴きながらパソコンに向かって写真の選別やレタッチ作業などの […]

常識を懐疑しよう!常識を懐疑しよう!

「資本主義」の定義は恐ろしく難しいものです。そしていつから存在しているのかというもの不明です。 しかし僕たちは確かに「資本主義」という社会構造の中で生きています。物事を表現し、発言していく我々フォトジャーナリストは、この […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。