栃木の「かんぴょう」

栃木県の農作物では「いちご」などが有名だが、「かんぴょう」は国内生産量の9割以上をしめている。

しかしここで問題になるのは【グローバリズム】。

中国・タイ・ミャンマー産の安価な「かんぴょう」の輸入により、国内産は高値で市場にでまわるため消費者離れの懸念がある。

日本の食物自給率は約4割。

残りを輸入に頼っている。

自国の農作物では、日本人全員の腹を満たせない。

安価な食物がスーパーなどで手軽に購入できることは、消費者にとって嬉しいことでもあるが単純には喜べない。

【グローバリズム】がいいのか、【保護主義】がいいのか、答えのでないテーマに世界は直面している。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

関誠二さん(ふみの森もてぎ館長)の日曜論壇を読んで関誠二さん(ふみの森もてぎ館長)の日曜論壇を読んで

僕は昔から地元の図書館のクォリティの低さに嘆いていました。 知り合いから、 :「「○○○○」って本を読むといいよ。どこの図書館にも置いてあるから」 と言われる事が多くあります。 しかし紹介された本が地元の図書館に置いてあ […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。