栃木の「かんぴょう」

栃木県の農作物では「いちご」などが有名だが、「かんぴょう」は国内生産量の9割以上をしめている。

しかしここで問題になるのは【グローバリズム】。

中国・タイ・ミャンマー産の安価な「かんぴょう」の輸入により、国内産は高値で市場にでまわるため消費者離れの懸念がある。

日本の食物自給率は約4割。

残りを輸入に頼っている。

自国の農作物では、日本人全員の腹を満たせない。

安価な食物がスーパーなどで手軽に購入できることは、消費者にとって嬉しいことでもあるが単純には喜べない。

【グローバリズム】がいいのか、【保護主義】がいいのか、答えのでないテーマに世界は直面している。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

黒後愛黒後愛

黒後愛選手はすごいっすわ~。 栃木県宇都宮出身。 下野新聞で記事は見ていましたが、「2018世界バレー」をテレビで観て感動してしまいました。 全日本の若きエース、20歳。 「東レ・アローズ」に所属し、2017/18シーズ […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。