広告

労働相談、2年連続1000件超(栃木県)

「労働問題」は現代の「行き過ぎた資本主義」の負の側面として表面化しています。

そもそも【労働者】がこのような声をあげる理由の大きな要因は、企業が「労働基準法」を遵守していないためです。

【労働者】の労務管理をごまかすため、労働契約書をかわさない企業がほとんどです。

求人広告に書いてあった内容と違うことをやらされる。

面接で説明のあったこととは違うこと、拡大解釈された労働を【労働者】に課すというのが目立ちます。

【サービス残業】などは、日本の労働環境では「当たり前」とまでなっています。

「有給」などの存在すらしらない知らない【労働者】がほとんどではないでしょうか?

「裁量労働制」などを【労働者】との合意でおこなっていると、デタラメなことを主張する企業がたくさんあります。

まさに【奴隷】ですね。

どの企業でもおこなっていて特に悪質なのが【パワハラ】【いじめ】【嫌がらせ】です。

この様なことをして何のメリットがあるのか理解できませんが、歴史をさかのぼると古くから常態化しています。

目的は【労働者】【自我の喪失】

組織として操りやすいように【人格破壊】をおこないます。

何のために?

【恐怖】を植え付けるためです。

企業に存在する「役職」などの序列。

これを機能させるために、「上司」といわれる人種は【人徳】【尊敬】ではなく、【恐怖】によって部下を従わせようとします。

なぜなら、これが一番簡単な方法だからです。

そこで【意思】を無くした【労働者】を追い込むのが、【最良の効率化】だと企業は考えています。

【理屈】【労働者】を動かすのではなく、【恐怖】によって【労働者】を動かします。

逆らったら【クビ】だよ!

という威光で。

【過労死】【過労自殺】【過労うつ】を阻止できないのはこのような理由からなのです。

【洗脳】

「常識」という名の【恐怖】

僕:「常識」ってなに?

「社会人」という名の【恐怖】

僕:「社会人」ってなに?

狂っていますよ。

現代社会は。

とっても。

繰り返される【人格蹂躙】で、人生を台無しにされてしまうのが今のトレンドです。

僕は思います。

早い段階から、【義務教育】の段階から、【労働基準法】を子どもたちに教えるべきだと。

そして【労働者】【生命】【尊厳】を守るために、【労働組合】が正常に機能するべきであると。



広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。