日本の政党政治・派閥政治の羞悪さ

安倍氏が石破氏との自民党総裁選に勝利し、新たに安倍総理とし行政のトップとして舵をとることになった。

連日、安倍改造内閣の閣僚についての報道がなされているが、こういった新聞記事やニュースを観るたびに辟易する。

なぜなら閣僚の人選というものは、各派閥に配慮したものであり適材する人物が適所に配属されるわけではないからだ。

これを最良の政治とは言わない。

そしてまた、安倍総理の推し進める政策も自民党内で力を持っている人たちの意見が集約される。

政党内での「ゴタゴタ」が政治を動かす。

これは国民のための政治ではない。

政党、派閥、政治家の利益のための政治だ。

これではまともな国を創れるわけがない。

【お友達ごっこ】。

これが政党政治の本性だ。

僕が僕が思うに、アメリカのような【大統領制】の方が優れた社会システムである。

なぜなら【大統領選挙】は直接民主制であり、大統領を決める選挙に僕ら一般人も投票することができるからだ。

自民党総裁選を例に出せば、投票できるのは自民党関係者だけだ。

これでは優れた人間をリーダーに選出することはできない。

アメリカの「トランプ大統領」を例に出すと面白い。

「トランプ大統領」は共和党に所属している。

そして共和党内の人間から、ひどく嫌われている。

なぜなら政治スタンスは【リベラル】だからだ。

自民党で考えるなら、自民党内から嫌われている人間は総理大臣になれない。

なぜなら日本の政治の本性は【お友達ごっこ】だからだ。

これではいい国は創れない。

トランプ氏がアメリカの大統領に選ばれた様相は実にアメリカ社会の現状を現(あらわ)していて面白い。

「トランプ大統領」の支持母体は【労働組合】である。

世界で一番冷酷な労働環境はアメリカである。

(ちなみに世界で一番過酷な労働環境は日本)

毎日大変な思いをして働いても安い賃金しかもらえないアメリカ国民の生活を豊かにしたいというのが「トランプ大統領」の政治姿勢だ。

そのため国内産業を守ろうと【保護貿易】に舵をきった。

グローバリズムを受け入れ【TPP】を締結していたら、大量の失業者を出していただろう。

例えばただでさえ人気のある日本メーカーの自動車が、より安く買えるようになったら、ビック・スリーと呼ばれるGM・フォード・クライスラーは倒産していた。

自動車産業というのは、部品などの細かい製品を他社との提携によって成り立っているため裾野(すその)が広い。

わかりやすく説明すると自動車を作るのには大変多くの人が関わっているということだ。

【TPP】を締結していたら、失業者の数は計り知れない。

アメリカの多くの人は医療保険に入っていない。

なぜなら医療保険は民間のため保険料が高くて加入できないからである。

そのため「トランプ大統領」は、日本と同じような【国民皆保険制度】の設立を目指している。

オバマ大統領は保険会社からの多額の【献金】により骨抜きにされてしまった。

【国民皆保険制度】ができたら、アメリカの保険会社は倒産してしまう。

そのため保険会社からの抵抗は強いというわけだ。

しかし国民の生活を考えれば、【国民皆保険制度】を作った方がいいに決まっている。

「トランプ大統領」は【リーマンショック】の震源地、【ウォール街】を憎んでいる。

自分勝手に【金】を荒稼ぎし、そしてその失敗で【世界金融危機】を巻き起こした。

アメリカ国民はもとより、世界中の人々の生活を危機におとしいれた。

しかしそれでも【ウォール街】のやりたい放題は続き、莫大な【金】をかき集めている。

「トランプ大統領」はアメリカの金融の世界を【規制】し、2度と【リーマンショック】のような【世界金融危機】を起こさないようにしようと考えている。

「トランプ大統領」は【貧困層】を救うため、超富裕層から税金を取り、社会保障・福祉に【お金】を回したいと考えている。

アメリカの相対的貧困率はOECD加盟諸国中、堂々の第一位である。

GDPは世界1位だが、大変貧しい国なのである。

この現象を【格差】という。

「トランプ大統領」はこれを改善したいと考えている。

【既得権益】との戦い。

オバマ大統領は多額の【献金】に負けた。

しかし「トランプ大統領」は【献金】に負けない。

「トランプ大統領」は言う。

「私の総資産額は7000億円である。私は誰からの【献金】も必要にしない」と。

アメリカ国民は「トランプ大統領」にいちる望みを掛けたのでしょう。

だからこそ、自分の投票という権利を「トランプ大統領」に行使した。

世界中の報道機関の約9割は、【保険会社】や【ウォール街】に買収されフェイクやフィクションといったニュースを拡散している。

これからどうなっていくのか、アメリカ国民の覚悟を見つめていきたい。

日本では望みがない。

自分の投票という権利を、自国のリーダーを決めるのに行使できないからである。

アメリカには希望がある。

【大統領制】

日本の【政党政治】の本性は、【お友達ごっこ】である。





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

【契約社員】の雇止め【契約社員】の雇止め

【契約社員】は5年経過すると、企業側は「有期雇用」から「無期雇用」(正社員)にしなければなりません。 そもそも経営状態や景気にの変動によって労働者を簡単に【解雇】できるように、【契約社員】という労働契約を結んでいるわけで […]

お酒を飲む皆さんへお酒を飲む皆さんへ

僕は昔、お酒の飲み過ぎで【肝機能低下】【急性膵炎】【十二指腸潰瘍】を同時に併発してぶっ倒れたことがあります(汗) 今考えると「プチアル中」だったと思います。 毎日「お酒」を飲まないといられなくなってしまったのです。 体調 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。