広告

AI時代の到来

AIの進歩は凄まじく、2030年までにはロボットに52%の【仕事】を奪われてしまうらしい。

あと、12年。

どうしようー。

ただクリエイティブな人は大丈夫だそうだ。

しかしその数は労働者の0.1%いればいいらしい。

なんの励ましにもならんな。

250年前の【産業革命】から、「資本主義」というものが始まり機械技術の進歩が労働の効率化を産み、労働者に「賃金」を与えてきたが、AIの登場は「資本主義」の存在を根底から成り立たなくさせることになる。

「資本主義」というものは、「資本家」が工場などを持ち「労働者」が「賃金」をもらい、【お金】を使うこと・商品を買うことによって「資本家」に莫大な【富】をもたらせてきた。

つまり「労働者」が【お金】を使うことで経済が成り立ってきた。

しかしAIの登場でロボットに【仕事】が奪われてしまう。

【お金】のない人は【お金】を使えない。

ロボットは【お金】を使わない。

「資本家」に【富】をもたらさない。

経済が成り立たない。

さぁ~、どうしよう!

AIはとめられない。

IT・ICT・IoTなどの技術革新、業務の効率化も進んでいる。

【仕事】に人間を必要としない時代になっている。

【仕事】に人間を必要としない時代、どのようにして経済を成り立たせればいいのだろう。

わからない。

わからないが、一段落した感じがする。

ホッとしている。

なぜかAIの進歩が僕の【目的】を達成させてしまうからだ。

経済学者ジョン・メイナード・ケインズは、【高度な技術革新】が「資本主義」から次のステップへ【社会システム】を移行させると予言していた。

なるほど。

確かに。

ここで必要となるのが【新しい社会構造の構築】である。

それこそが、僕が10年前から取り組んでいる【哲学】の【目的】である。



広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

ラジオLIFEラジオLIFE

そう言えば、最近テレビを観ていません。 午前中はInterFMを聴いています。 「Tokyo Brilliantrips」・「Happy Hour!」 ラジオだと聴きながらパソコンに向かって写真の選別やレタッチ作業などの […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。