AI(人口知能)がもたらす【資本主義】の終焉

【NHKスペシャル】はいい番組ですね。

爆問のマネーワールド

「仕事がなくなる!?」

AIで資本主義に激震熱論!

孫正義VS太田光

観ちゃいましたよ。

やっと【カール・マルクス】や【ジョン・メイナード・ケインズ】の思考が理解できました。

とにかく分かりやすく説明すると【経済というのは、消費(物を買うこと)で成り立っている】ということです。

現代社会に置いては、【企業がきちんと労働者に賃金を払うということが大切】ということ。

賃金をもらった労働者が【お金】を使うことによって経済が成り立っているのです。

資本主義に置いては、一部の資本家に莫大な富がもたらされ多くの貧困層を産みだしています。

これを【格差社会】といいます。

この【貧富の格差】を無くせばもっと経済は豊かになるはずですが、強欲な資本家は【お金】を独占しています。

しかし250年続いたこの【暗黒の時代】も、そろそろ終わります。

ご愁傷様です。

AI(人口知能)の進歩により2030年までには52%の【仕事】が失われるそうです。

あと12年。

半分以上の労働者が失業するということです。

大変なことですね。

さぁ~、どうしよう!

資本主義は労働者が【お金】を使うことによって経済が成り立っています。

労働者が失業し【お金】を使うことができなくなると、企業が儲かりません。

企業が倒産してしまいます。

所得税が減り、国もなくなります。

【資本主義の終焉】はこうして迎えることになります。

皮肉にもAI(人口知能)を開発している企業が自らの命を絶つのです。

それではどうやってこれから人間は生きていくのかということです。

仕事はロボットがやってしまうのですから。

昨日の【NHKスペシャル】で議論になっていたのは【 ND(国民配当) 】(ベーシックインカム)です。

全ての人に無条件でお金が配られるという仕組みです。

【財源】はどうするのか?

現在の日本の財政では無理ですね。

そこで企業にかける法人税を高くするということです。

日本の富裕層は、国家の財源より【お金】を多く持っていますからね。

当たり前の話です。

今までこんな【不公正】を野放しにしていた人類が悪いのです。

企業は【モノ】を買ってもらわないと存続できないわけですから、自らの存在を守るためにも【必要な措置】になるわけですね。

【仕事】とは、【労働】とは・・・。

【所得】とは・・・。

意味が変わってくると思います。

【生活様式】も変わります。

【新たな社会構造】の構築。

【新たな経済システム】。

【通貨改革】

人類の叡智をかけた【パラダイム・シフト】が始まります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

ケガの不思議な豆知識② いざわ接骨院 上三川町 栃木県ケガの不思議な豆知識② いざわ接骨院 上三川町 栃木県

「炎症」とは? 普段僕らが認識している意味で「炎症」という言葉を理解しようとすると、なにやら良くないことのように感じちゃいますよね。 それは多分、ケガをした後に「炎症」症状がおきるからだと思います。 今回僕は自転車に乗っ […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。