関東平野は住みやすいです

連日大雪のニュースが流れています。

日本海側の低気圧、大陸からの寒気の流入でたくさんの地方が豪雪にみまわれています。

しかし僕が住んでいる「関東平野」といったら、なんでもないかのように太陽が照りつけています。
栃木県などは特に面白いのですが、北に日光の「男体山」、「那須連山」などがあり、それらが【壁】となって雪の流入を防いでいます。

天気予報の予想進路図などをみると、新潟県などは前線に覆われ雪の進路に覆いかぶさっているのですが、栃木県といったら県北地方の山々にブロックされ内地に入って来ないのです。

まさに神々の山です。
そのため栃木県の内陸部で雪が降り、スタットレスタイヤが活躍するのは年に2・3回です。

地形の恩恵とでも言いますか、とても住みやすい環境にあります。

秋田県などでは雪下ろしや、除雪車の登場でとても大変そうです。
ニュースを見るたびに、住みやすさを実感します。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

水道事業の民営化水道事業の民営化

意味がわからない。 完全なる【新自由主義】的発想だ。 人間の生命に関わる【水】を、ビジネスとしてしまうことは感覚的になじまない。 水道事業を民営化する主な理由は、40年以上たった【古い水道管】の交換に多額の「お金」が掛か […]

経営者(社長)1人では生産性が乏しいから「労働者」を雇っている経営者(社長)1人では生産性が乏しいから「労働者」を雇っている

労働者が一生懸命働いているから、会社は存続できる。 経営者(社長)1人では生産性が乏しいから労働者を雇っている。 経営者(社長)1人では「車」は作れない。 研究開発・組立と自動車メーカーに関わって仕事をしている労働者は何 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。