エーザイ社員【過労自殺】


過労死ライン超の月が56ヶ月に渡り【過労自殺】した。

部長昇進から自殺までの8年間で約8000時間の残業。

人間の身体がこんな【労働】に耐えられるわけがない。

しかし企業は「社員」に容赦なくこの様な労働を課す。

【利益】のために…。

この「社員」は部長であったため「管理監督者」として扱われ、残業代の支払いは行われなかった。

残業は多い月で134時間に達し、長時間労働は亡くなるまで続いた。

休日出勤は8年間で367日に及んだ。

【労働】とはなに?

【働く】とはなに?

【企業】に従属するとはどういうこと?

【サラリーマン】ってなに?

これで幸せになれるの?

幸せに生活をするために、賃金を得る手段として【労働】というものがあるのではないだろうか。

しかしこれでは幸せにはなれない。

とてもではないが、人間にこの様な【労働】が可能であるわけがない。

【死】と隣り合わせの【労働】。

この「社員」の【労働】で利益を享受するのは【経営者】。

「社員」として、企業のコマとして、歯車として扱われ、その先に待っているのは【過労自殺】。

この様な社会を正当化することはできない。

企業本位、資本家本位の意識を社会は見直すべきだ。

【労働】は大切かもしれない。

しかし【死】を呼び込むような【労働】には賛同できない。

【企業経営者】も【労働者】も【労働】とは何かを熟考し、お互いが尊重しあえる社会を構築していかなくてはならない。

利益本位、経済成長優先の社会から、【生きる意味】を優先できる社会構築に向かって進んで欲しい。

IMG_2369





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。