LRTは【負の遺産】  宇都宮 栃木県


LRTの導入目的は当初【清原工業団地】【芳賀工業団地】へ通勤する労働者で大渋滞が起きるからということでした。

緩和策としての目的だったと思います。

それならバスの本数を増やせばいいのに……。

そもそもこの事業の総予算は「国」と「地方」をあわせて1000億円ぐらいかかります。

新たに鬼怒川に「橋」も建設しますよ。

LRTは「路面電車」です。

【車社会】のこの栃木県において、利用者はごくごく少数だと思います。

栃木県に住んでいる人の大半がLRTの「駅」に行くために、【車】を利用すると思います。

「駅」の周辺に【車】を置く「駐車場」は確保できるのでしょうか?

できないでしょうね!

そもそも「駅」まで【車】で行くんだったら、そのまま目的地まで【車】で行った方が早いです。

わざわざLRTを利用とする動機が希薄です。

またLRTは道路に通します。

「JR宇都宮駅」の西側・東側の大通りは3車線から1車線へとなります。

これでは大渋滞が起きて交通麻痺を起こしてしまいます。

「渋滞緩和策」が「大渋滞」を巻き起こすといった「おかしな」ことになってしまいますね。

【救急車】はどこを走るのか?

【消防車】はどこを走るのか?

パトカー】はどこを走るのか?

僕の推測では大きな政治的な「ちから」が働いていると思います。

結局のところどういった人が利用するのかというと、そのほとんどが「学生」だと思います。

【作新学院高校】~【作新学院大学】まで「JR宇都宮駅」を通過する形でつながるのです。

「JR宇都宮線」を利用して【作新学院高校】・【作新学院大学】に通う学生に便利になるのです。

この交通の便を利用する形で、「入学希望者」の範囲を広げるといったことが、僕の想像でつながるのです。

確固たる証拠などどこにもありませんが、某政党の某政治家の意向が強く出ているように推察できます。

栃木県民に【利益】をもたらす事業であるならば「文句」は言いません。

建設事業費の1000億円が回収できるなら「文句」は言いません。

ただ利益がでず、赤字を計上するようであったならば、この「LRT事業」は失敗と言わざるおえません。

そしてその赤字の補填は、我々が収めている【税金】からでるということをしっかり理解して欲しいと思います。

1000億円かけて作ったものが、何十年と赤字を出し続け、「社会保障費」や「福祉事業」に「お金」がまわせないといったことは避けねばなりません。

財政を逼迫(ひっぱく)させる原因を自ら作り出す「公共事業」が、市民の理解を得ることは決してありません。

一部の人間の利益ではなく、【公共の利益】を考えて欲しいと思います。

IMG_2368



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

【胃】は健康の秘訣【胃】は健康の秘訣

僕は仕事がらパソコンと向き合っている時間が長いです。 一回の撮影で何百枚と写真を撮るので、その後の「選別作業」や「レタッチ」で膨大な時間を費やします。 また文章なども書くので、毎日パソコンと「にらめっこ」している状態です […]

賢明なる叡智賢明なる叡智

GDP世界第3位の経済大国、日本。 しかしOECD加盟国中、相対的貧困率の高さはアメリカに次ぐ第2位。 生活保護受給者数は約216万人と戦後の混乱期を上回る過去最悪の記録を更新し続けている。 金融緩和で株価が上がっても我 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。