僕の考える【少子化対策】

義務教育の段階から【労働基準法】【労働組合の作り方】【労使交渉の仕方】を学ばせることが重要になります。

【少子化】は【貧富の差(所得格差)】という「社会構造」が大きな原因です。

相対的貧困率が約16% = 6人に1人の所得が10.4万円。

労働者における【非正規雇用】の割合が約4割。

不安定・低賃金。

これが【少子化】の大きな原因です。

子どもを産み育てるだけの経済力が無いのです。

現実的に無理なのです。

正当な【権利】によって、社会と対峙する【知識】を教えるべきですね。

当たり前のことですね。

日本のGDPは世界3位なわけですから、【貧富の差(所得格差)】という「不公正」を正せばいいだけです。

日本は世界で3番目に【豊か】だと政府も言っているわけですから。

この【豊かさの中の貧困】を解決すればいいのです。

それには子どもたちの【権利意識】を育み、生きるための【知恵】を付けてやればいいのです。

そうすれば自ずと社会は変わっていきます。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

ヒーターヒーター

ヒーターをリニューアルしました。 今まで使っていたのは30年位前にお袋が職場で使っていたものです。 最新のに比べて電気代もかかるし、古いので火事の危険があるので買い換えたつもりでしたが、ダブルで使うのもいいかなと悩んでい […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。