広告

「右翼」「ネットウヨク」の人たちの気持ちが理解できない

なぜそこまで狂信的なのだろうか。

現体制がそんなにいいのだろうか?

不思議である。

そしてなぜ「韓国」や「中国」を嫌い、【ヘイトスピーチ(憎悪表現)】なるものを繰り返すのだろうか?

わからない。

「右翼」の人たちは、【国家元首】を「天皇」にさせたいと本気で言っている。

また「国民主権」を排し、【国家主権】にしたいと言っている。

「基本的人権」の廃止まで訴えている。

単なる【狂気】でしかない。

「個人の尊重」より「国家の秩序」と発言している。

強者の論理である。

同じ日本で生まれ育ち、同じような教育を受けてきたはずなのに、どうしてこの様な「思想」が形成されてしまったのだろうか。

「資本家」や「エリート層」だけがこの様なことを発言するなら理解できるが、一般人にも多い。

僕の解釈では新元号の【令和】は、【国家主権】を意味している。

今の社会でやっていることは「メチャクチャ」だ。

「宗教」というか、「洗脳」のたまものなのかなとしか思えない。



広告

Related Post

ノルウェーの森ノルウェーの森

浪人しているときに図書館で村上春樹の「ノルウェーの森」を手にしました。 僕が中学生のときに凄く人気があり、「週刊少年ジャンプ」しか読んでいなかった僕でさえ名前だけは知っていました。 上巻が赤色の装丁。 下巻が緑色。 なに […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。