広告

通貨発行権


現在、日本政府に【通貨発行権】はありません。

日本政府は独自に【金融政策】を行えない状態にあります。

では通貨を発行する権利はどこにあるのか?

それは【日本銀行】です。

【日本銀行】とは【民間企業】です。

おかしいですよね。

僕は日本政府に【通貨発行権】を所有させることを望んでいます。

日本政府が発行する通貨を【政府通貨】といいます。

なぜ【政府通貨】を望んでいるかというと、【お金】というのは経済の動向で消滅することがあるからです。

リーマンショックの時を考えると理解しやすいと思います。

「日経平均株価」が7000円台まで落ち込みました。

これが意味することは、【お金】が消滅したということです。

この世界から【お金】が消えたのです。

ここで【金融緩和】という政策をして、【お金】を作っています。

それが現在の好景気をもたらしている原因です。

しかしこれは政府の【借金】によって成り立っているということを理解して下さい。

「メガバンク」や「地方銀行」などの市中銀行が保有していた【国債】を【日本銀行】が買取り、信用創造により【無】からお金を創り出しているのです。

【日本銀行】が信用創造により【無】から創り出した【お金】を、「メガバンク」や「地方銀行」などの市中銀行が運用することによって一時的に経済が上向いているのです。

しかしここで理解してもらいたいことは【国債】は借金だということです。

借金によって一時的に景気が上向いているに過ぎません。

いつかは税金によって日本政府が返済しないといけないのです。

そこで僕は【政府通貨】の使用を求めたいのです。

【政府通貨】は日本政府が発行する通貨なので、市場の経済動向に応じて【お金】を増やしても借金にはなりません。

現在は日本政府が、民間企業である【日本銀行】に【国債】を買い取ってもらうことによって【お金】を増やしています。

全て、借金です。

これでは日本政府の財政はもちません。

日本の財政赤字は1000兆円を超え、GDPにおける赤字率は世界最大だからです。

そのためこの様な【不合理】を改善して、国の借金を増やさないために【政府通貨】に移行することを望んでいます。

Abraham Lincoln, (1809 – 1865), the 16th President of the United States of America. (Photo by Alexander Gardner/Getty Images)

リンカーン大統領

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。