広告

【春闘】について思うこと


【労使交渉】ということで【企業】と【労働組合】が、【賃金】についての話し合いをします。

しかしまともな【労働組合】のある【企業】は少ないと思います。

なぜなら【労働組合】の存在がうっとうしいと考えた【企業】が、【労働組合】の切り崩しを行った「暗黒の時代」があったからです。

【企業】のための【労働組合】が生まれてしまいました。

これでは存在する意味がないですよね。

【労働者】を護らない【労働組合】。

意味がないです。

【労働組合】は危険な存在などといったバカげた世論も作られてしまいました。

しかも【労働者】が【労働組合】を誹謗・中傷するといった時代です。

頭がおかしいとしか思えない…。

「刷り込み」と「洗脳」の結果です。

そのため日本人は「衆愚」と化してしまいました。

9割以上の企業に、【労働組合】など存在していない現在。

どうやって【労働者】は自分の身を守ったらいいのでしょうか?

【危険な社会】が合法的に、存在しています。

 

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。