広告

マルクスの墓、また被害


僕は「共産主義者」でも、「社会主義者」でもありませんが、マルクスは好きです。

マルクスのような人が出てきて【資本論】にて、資本主義を批判しなかったら、今頃我々は資本家の「奴隷」として「搾取」されまくりの状態だったでしょう。

歴史の中に置いて、マルクスの出現は大変重要なことであったと思います。

そのような偉人の墓に「落書き」をするとは、なんとも情けない。

「共産主義」や「社会主義」は別段危険なイデオロギーではありません。

【理想】という側面が強く「現実世界」で行うのには無理があった、そして指導者が悪かったというだけです。

そもそも「資本主義」というイデオロギーが素晴らしかったら、「共産主義」や「社会主義」なんてものは生まれてこなかったわけですから。

この様な「落書き」をする人には、歴史を勉強して欲しいと思います。

そして現代社会が、素晴らしい社会なのかも考えて欲しいと思います。

 

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。