広告

残業時間の規制 来月スタート


来月から残業時間に初めての罰則付き上限規制が設けられる。

残業時間は月45時間、年360時間までが原則。

年720時間を超えた「違反企業」や「労務担当者」には、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金を課す。

僕の考えでは、ちょっと【ゆるい】規制に思えますが、法的に【罰則】が与えられたことは大きな前進と言えるでしょう。

【労働】と【所得】の関係から逃れられない労働者の多くは、企業の利益追求の犠牲となって来ました。

【過労死】【過労自殺】【過労うつ】といったもので、多くの人達の人生が「無」になってしまっている現状を【企業側】は理解しなくてはいけません。

ただ【高度プロフェッショナル制度】や【裁量労働制】については、いろいろ議論をしていかなくてはいけないと思います。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。