広告

アメリカの国民皆保険制度


実は「トランプ大統領」の肝いり政策は、【アメリカの国民皆保険制度】なのです。

一応「オバマ大統領」が「オバマ・ケア」というものを作ったのですが、民間の【医療保険会社】からの猛反対と献金作戦に負け、中身のない制度を作ってしまった。

そのため「オバマ・ケア」への加入者は少なかったのです。

中途半端なものになってしまった。

「トランプ大統領」は民族的には「国粋主義者」で「右翼」です。

しかし政治思想は【リベラル】なのです。

ここがわかりずらい点なのです。

外交的にはイスラエルに味方したり、イランを敵対視し追い込んでいます。

ですが「トランプ大統領」の支持母体は【労働組合】なのです。

「トランプ大統領」は高所得者から「税金」を取り、その「税金」を「貧困層」などの社会保障や福祉事業にまわしたいと考えています。

メディアでは報道しないので、皆さん知らないと思います。

ただの居酒屋なんかで吹きまくっているおっさんとは違うのです。

【既得権益】と言われる部分にメスを入れようとしているので、買収されたメディアがフェイクニュースを流しまくっているのです。

【ウォール街】に規制をかけようともしています。

リーマンショックのようなものを引き起こす【ウォール街】を規制して経済の安定をはかっていかなければ、不動産屋の「トランプ大統領」も困っちゃいますからね。

そんな「トランプ大統領」を潰すために、民間の【医療保険会社】や【ウォール街】は世界中のメディアを買収してフェイクニュースを流しまくっているのです。

「トランプ大統領」に好意的なニュースを見たことがありません。

【アメリカで国民皆保険制度】を作るのはイデオロギー的に難しいところもあります。

ただ「貧困層」や「中間層」にはこれほどありがたいものはありません。

オバマ大統領は、献金で骨抜きにされました。

しかし「トランプ大統領」はこう言います。

:「資産7200億円を持つ私には献金など必要ない」

と。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。