広告

人生100年時代、人生をまっとうできるのか。


年金だけじゃ、生活できなくなるなんてことは20年ぐらい前から知っていたよ。

別段、驚くべき指標だとは思わないけどね。

今さら何を…。

財政赤字・少子化となっては、支給額が下がるのは必然。

政府が、「定年廃止」を企業に求めている時点で「【年金】だけじゃ生きられないぜ~」って言ってることと理解。

突然、高齢者の健康とかも言い出したからね。

こっちは、「医療費」の困窮か。

この国は、いろいろ困窮してるな~。

労働者の4割が非正規労働者(派遣社員・契約社員・アルバイト・パート)達は、2000万円の貯蓄なんて不可能だろう。

何を寝言言ってんだって話だね。

でも、これが現実だから。

「正社員」で働いている人もどうせ「ブラック企業」なんだから、ボーナスも退職金もないでしょう。

サービス残業の安月給で働かされているんでしょ。

大企業つたって、最近じゃ「リストラ」の話しかきかねーな。

中国や台湾の企業に買収されてんじゃん。

そしてね、チェックメイトとして2030年には、労働者の52%がAI(人口知能)に仕事が奪われるから。

失業者がたくさん出るね。

自殺者も。

2045年にはシンギュラリティが訪れ、AI(人口知能)が人間の能力を超えると言われている。

仕事なんてみんなAI(人口知能)のロボットがやってしまうから、仕事を持ってる人が珍しい世界になっちゃうよね。

人生100年なんて生きられないのが現実じゃないかな。

【社会構造】を変えないかぎり、どこかの時点で「自殺」を選択しなければならない時が来るね。

ただ僕はそうならないための、【社会システムの構築】にまい進しています!!

 

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。