広告

関誠二さん(ふみの森もてぎ館長)の日曜論壇を読んで


僕は昔から地元の図書館のクォリティの低さに嘆いていました。

知り合いから、

:「「○○○○」って本を読むといいよ。どこの図書館にも置いてあるから」

と言われる事が多くあります。

しかし紹介された本が地元の図書館に置いてあった事は一度もありません……(汗)。
また僕はNHKで放送している「NHKスペシャル」の大ファンです。

地元図の書館にも何個かDVDが置いてあったのですが、シリーズがばらばらでらちがあきませんでした。

なんとな~く、体裁だけ整えて存在しているだけで、やる気が感じられません。

スカスカです。

そんな風に思っていたので、関誠二さんの日曜論壇には感銘しました。

行政が一番に考えることは、「人が生きるための施策です」。

インフラ・社会保障・福祉事業といったものが最優先になります。

当然ですね。

それゆえ図書館などの文化事業に予算が少なくなるのも、最もです。
ただ僕が思いますに、国政でも、地方自治でも、無駄なことに予算を使ってませんか?

恐ろしく「あやしい」ですよ。
関誠二さんの文章で印象深かったところは、

「まず人々の生活があって文化事業ができる。その上で人が文化を創るわけだが、文化が人を創る」

と。

全くもって、その通りだと思います。

大変含蓄がある記事でした。

.jpg



広告

Related Post

お酒を飲む皆さんへお酒を飲む皆さんへ

僕は昔、お酒の飲み過ぎで【肝機能低下】【急性膵炎】【十二指腸潰瘍】を同時に併発してぶっ倒れたことがあります(汗) 今考えると「プチアル中」だったと思います。 毎日「お酒」を飲まないといられなくなってしまったのです。 体調 […]

期日前投票期日前投票

投票に行って来ました。 14日が投票日なのですが、都合が悪いので「期日前投票」をして来ました。 社会に正解などありません。 人間が自分の都合で創っています。 野蛮で力を持った大きな集団が、自分の利益とカタルシスを得るため […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。