広告

アメリカに揶揄される、日本にある「貧困」の現状

現在日本にある「貧困」を創り出しているのは、「社会構造」です。

日本の相対的貧困率は約16%。
6人に1人の月の所得が10.4万円。
子どもの7人に1人が、三食ご飯を食べれません。

しかし日本のGDPは3位。

日本国内に「富」はあります。

一部の人間がこの「富」を独占しています。

一部の特権階級のユートピア。

これを正当化しているのが、「社会構造」と「同調圧力」。

そして「常識」というくだらない「概念」。

多くの人々が生きられません。

今、日本社会に必要なのは「洗脳からの浄化」です。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。