軍拡する「アメリカ」が、「イラン」を批判する矛盾


アメリカ・ロシア・中国は「軍拡」に動いています。

アメリカは世界最大の「核兵器」保有国です。

そして唯一「核兵器」を使用した国でもあります。

アメリカのイランに対する姿勢をみていると、「一体、何様なんだろう」という思いがこみ上げて来ます。

「核兵器」を保有しているアメリカが、イランに対して「核開発をやめろ!」と言っています。

理屈が通らない。

「イスラエル」や「サウジアラビア」と仲の悪い「イラン」を、アメリカが軍事力や経済制裁で、一方的に追い込んでいるようにしかみえません。

もし「イラン」に対して「核開発」をやめさせたいのなら、まずはアメリカ自身が「核兵器」を「廃棄」してからの話です。

それからでないと「議論」は始まりません。

.jpg



Related Post

幻想(短編小説)幻想(短編小説)

「相沢さん、どうだい。もう日本はいいんじゃないのかい」 平田先生は静かにはそう言った。 私にはどういう意味かわからなかった。 「必ずしも日本で生きていかなければならない理由なんてないよね。どこで生きようと自由だと思うんだ […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。