賢明なる叡智

GDP世界第3位の経済大国、日本。
しかしOECD加盟国中、相対的貧困率の高さはアメリカに次ぐ第2位。
生活保護受給者数は約216万人と戦後の混乱期を上回る過去最悪の記録を更新し続けている。
金融緩和で株価が上がっても我々の所得は変わらない。
貨幣の流通量が2倍になっても我々の所得は変わらない。
円安によるインフレと、スタグフレーションによる物価高がこれから日本社会を襲うことになろう。

格差社会。
大量の所得を得る者と、ささやかな所得で生活する者を生み出す二極化。
この社会構造に疑問を感じる。
公正さはどこに行ったのかと…。
「行き過ぎた資本主義」と「秩序無き企業活動」。
新自由主義と市場原理主義を盲目的に推し進めたとき、後に残るのは社会の荒廃だけだ。

「富める者」と「貧者」を作り出すこの世界は、社会の仕組み上、欠陥を内在させているとしか言わざるおえない。
個人主義の欲望を正当化させるのではなく、きちんとルールを作り、キャピタリズムを法の監視下に置き秩序を構築していかなければならない。

大切なことは行き過ぎを抑制し、理性を育み、中庸を求め「ルール」と「法」を正義とした賢明な社会体制を構築すべきである。
それが人間に与えられた叡智である。



タグ:

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

門前門前

写真を撮影するためのいいロケーションはないかと、真岡市の荒町・田町周辺をブラブラしてきました。 「真岡木綿会館」があったのでちょっと立ち寄り。 事務員さんと雑談しながら商品を見ていたら、『てくてく門前マップ』なるものが存 […]

どぶろくどぶろく

いざわ接骨院(上三川町)でお世話になっている佐藤先生から、「どぶろく」頂いちゃったよ~! 「どぶろく」なんてものは、スーパーで買えないからね。 ごく一部の地域の人達だけに、生産許可が与えられているらしい。 レアものですよ […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。