「通貨」について考えてみた。

ここ数年。「通貨」について考えています。

なかなか難しいです。

世の中には「円」や「ドル」といった、各国の中央銀行が発行した「通貨」意外にも、「通

貨」が存在する事に好奇心をかきたてられます。

「地域通貨」などが代表的です。

「ポイント」や「商品券」など、「モノ」と交換できるものは「通貨」としての機能を果たしているのでしょう。

これらに共通して言えることは、全て「信用」の上に成り立っているというものです。

「お金」とは「絶対」ではありません。

その為、「為替」や「物価」の変動によって価値が変わってくるのです。

一気に「信用」を失えば「暴落」なんて事にもなります。

「通貨」について考えるのは「人類」の、ちょっとした課題になっているように思います。

「社会」における「宿命」なのかもしれません。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

ダイブダイブ

朝の5時頃、爆音が聞こえたので外へ出てみたら車が畑に突っ込み電柱にぶつかっていた。 アホです。 普通じゃ突っ込めないところにハマってる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。