GOEMON


「GOEMON」を観ました。
江口洋介主演です。
小学生の時にゲームでやっていた時は、大泥棒ということで完結していましたが、映画の方では何やらカッコイイ人物像に脚色されていました。
時代が安土桃山時代で、織田信長が死んだ後、豊臣秀吉が時世を治めていた時です。
監督の紀里谷和明はもともと本職がフォトグラファーなのでどんな作品になるのか興味は以前からありました。

正直、大衆娯楽作品としてとても面白い作品でした。
芸術論や文学論など関係なしに、素直に楽しめました。

次は紀里谷和明監督の処女作品「キャシャーン」を観てみたいと思います!!

t02200312_0300042513127107460

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

常識を懐疑しよう!常識を懐疑しよう!

「資本主義」の定義は恐ろしく難しいものです。そしていつから存在しているのかというもの不明です。 しかし僕たちは確かに「資本主義」という社会構造の中で生きています。物事を表現し、発言していく我々フォトジャーナリストは、この […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。